【Pick Up Owner #11 後編】TWEEDEES|『ファン同士の二次創作』という新しいコラボの形に挑んだ新作の裏側を語る

Be independent!

2022/02/10 15:00

Follow

小学館「ゲッサン」連載中の『国境のエミーリャ』(作・池田邦彦)を基にTWEEDEESが架空のサウンドトラックを制作。2021年12月10日にリリースされました。同日発売の『国境のエミーリャ』第5巻収録、第25話「美しい歌はいつも悲しい」にはTWEEDEESが本人役として登場するなど、漫画と音楽の新しいコラボレーションの形が実現しました。今回、TWEEDEESにこのコラボレーションに至る経緯や作品に対する思い入れなどの話をお聞きしました。


インタビュー日:2021年12月6日(年、日付の表記は取材当時のものとなります)

インタビュアー:行 達也


インタビュー前編はこちら


TWEEDEES CLUB – Bitfan




■TWEEDEESの幅を広げていただいた感じはありますかね。

ーーーじゃあ今回のサントラはTWEEDEESの新作っていうような捉え方で良いのでしょうか?


沖井:

はい、新作として、です。

清浦:

新作のミニアルバムです。


ーーーすごく楽しませてもらったというと月並みな感想ですが、これまでのアルバムも、もちろんいいんですけど、新機軸な印象を受けました。


沖井:

先ほどこの人(清浦さん)が冷蔵庫の話をしていましたけど、そういう物語考証できることってあるじゃないですか。そこは今までのTWEEDEESだったら思いつかなかった音楽が出てきたっていう感じがしたので、TWEEDEESの幅を広げていただいた感じはありますかね。普通にポップスのレコードを作ろうとしたらこうはならないですよね。


ーーーインスパイアを受けて最初に二曲書いて、このサントラを作ることになって、また書き足したって感じなんですか?


沖井:

単に池田先生からTWEEDEESを漫画に出していいですかっていう話を聞いて、じゃあこちらは曲書いていいですかっていう話をして、GOとなったときに作り始めて。でもそれは歌ものの曲もそうでもない曲もありますけども、並行して自分の中で作っていて。夏の時点で形になっているものを夏に出しましたけど、それからも作業は普通にやっていて。

清浦:

単行本発売もその段階で決まっていたので。そこに向けてより深く掘り下げていこうっていう話をしていました。




ーーーこの「美しい歌はいつも悲しい」がエンディング?録り直したのは、なぜなんですか?


沖井:

これは作品内でこの曲が演奏されるんですよ。


ーーーなるほどそういうことか。


沖井:

この曲が演奏されて、なおかつサブタイトルにもしてくださっているので。この曲はあと、「DELICIOUS.」に入っているアレンジだと絵に合わない。


ーーーこのアレンジめっちゃよかったです、最高。歌のハマり方もすごく絶妙で。


清浦:

このアレンジ自体は最終的にはEP、ミニアルバムに向けてまとめたんですけど、今年の春にあったツアーで来てくださったお客さんにプレゼントをした…


ーーーこのバージョン?


清浦:

はい。その曲が原曲になっていて。それを池田先生が見てくださって、使ってくださったのかな。ライブも見てくださったと思うんですけどね。


ーーーこのギターのフィードバックとか、若い人たちにとってはノイジーなもので、破壊だとかロック然としたものの象徴として使われると思うけど、美しい音としてフィードバックを使っているっていうのが。キャリアが成せる業なのかなと。


沖井:

単純にマイブラが好きなんですよね(笑)美しいフィードバックっていうのはやっぱり、あの経験があってじゃないですか(笑)


ーーー多分ね、マイブラを知ってる人たちにとって違和感はないと思うんだけど。その経験が無い人たちにしてみれば、なんでこの美しいメロディーにこんなノイズが乗ってくるんだ!?みたいな。


清浦:

汚すから美しくなると思うんですよね。

沖井:

スイカに塩みたいな(笑)


ーーー甘みが増すっていうね(笑)なるほど。このバージョンすごくいいなと思って。


沖井:

フィードバックの音質というか音像というかはエンジニアさんが一番苦労していて。


ーーーそうでしょうね。


沖井:

もう「そうじゃないそうじゃない、もっとこう!」って何度も言って。彼もわかってくれているんですよ(笑)すごく頑張ってくれて、やっと出来て、ああ、これですよ!ってなったのがこの収録されているバージョンです。


ーーーこれ歌も歌い直してますよね。


清浦:

そうですね。


ーーーボーカルがまた素晴らしくて。


清浦:

最初に録ったアルバム「DELICIOUS.」に入っているバージョンとはまた違う、アップデートできたものを出せたと思います。それも、この状況下でツアーをやって、何とかお客さんに喜んでもらいたい、とか今に合ったものを出したいねっていう思いでリアレンジバージョンを作りました。なので、これが残せたのと、エミーリャの世界ってファンタジーじゃないですか。その中で曲が作れたことって、今年のTWEEDEESにとって結構救いだったなと思っていて。


ーーー救いね。



■結局エミーリャの世界と同じ世界に俺たちは生きているんじゃないかって、僕らも。


清浦:

やっぱりいつもの調子で、ゴリゴリのベースで楽しい曲を今出しても、みんなそれにノれないんじゃないかなって。何を作ってどうしたらいいかがわからない時期も結構続いてましたよね。

沖井:

かなりシリアスな、シビアな状況ではありましたよね。何を作ったらいいかわからないんですよ。自分が何を聞きたいのかもよくわからなくなっちゃってたから。もうある意味失語症に近い状態になっていて。TWEEDEESというのは、夢を描きたくて作ったグループだけども、夢を全て否定するコロナが蔓延して。楽しい予定とか友達に会ったりとか、いろんな楽しいことっていう物を全部否定するのがコロナだったじゃないですか。そこでリアリティーのあるものという意味で、夢のある音楽とかを作れなくなった。自分がそういう音楽を聴けなくもなったし、音楽そのものが結構聴けなくなったのもあって。


ーーー結構重症だったと。


沖井:

結構辛いかなっていう。全部砂を被ったみたいな状態になっちゃってて。その時に池田先生がそういう申し出をしてくれて、ああ、その世界の中だったら音楽を鳴らせるって思ったんです。そしたらサラサラっと書けて。

清浦:

お題をいただけたし、その世界の中に飛び込ませていただいたっていうのは本当に。


ーーー展開する場所がバーチャルだったっていうことが、よりやりやすいっていうか。この中で完結するのが良かったのかもですね。


清浦:

なおかつ、エミーリャの世界は分断されている。

沖井:

東西分断の話じゃないですか。分断ということ自体は結局エミーリャの世界と同じ世界に俺たちは生きているんじゃないかって、僕らも。っていうので、そこは書きやすくて。

清浦:

エミーリャのフィルターがあることで、現実世界とリンクできたっていう。不思議なね。

沖井:

だから、今書かなきゃどうするんだっていう、そういう気持ちでやりました。今エミーリャの音楽を僕が作らなくてどうするんだって。それは俺がやらなきゃっていう感じでした。


ーーーいいきっかけをくれたんですね。


沖井:

本当にそこには感謝しています。


ーーーある程度コロナも落ち着いてきて、まだ100%復調というわけではないけど、ワクチンも行き届いてどんどん重症化もしなくなってきたら、来年は通常の生活に戻る可能性もちょっと上がってきたじゃないですか。この辺りある程度、絵は描けてるんでしょうか?


沖井:

医療という意味での希望的観測というのは結構出てきていて、そっちに出口…という言い方は別かもしれないけど、そこで来年の春ぐらいからは普通にもう少し動けるようになるかもしれない。そこに向けて自分の気持ちを作っていかなきゃいけないなっていう気持ちは持っていますかね。


実際どうなるかわからないけども、2年続くこの状態で、最初はみんなびっくりして怯える時期があって、うんざりする時期があって、多分もう皆うんざりにも飽きていると思うんですよ。でもそこで、マスクを外してやんちゃをするのではなくて、冷静に次のプロセスというのを考えたくなっているんだと思うんですよね。


もしそれがうまくいかなかったとして、あと1〜2年延びましたっていうことになったとしても、その次のことを考えなきゃって。もうみんな思ってると思うんですよ。私もそんな気持ちですし、楽観まではしていないですけど。そうでないと多分もうみんな前に進めなくなっちゃうと思っていて。


ーーー準備はしつつ、楽観視はせず、試し試し前に進んでいくって感じですかね。


沖井:

やるべきことやあるべき姿というのをやっぱりこの2年間ぐらいちょっと見失いかけていたところもあると思うんですけど、僕に限らず。でもやんなきゃいけないことって本当は1つだったんだよなあみたいな。でもそこをプラスの方向にしてくれたのはこの作品の制作というのが大きいと思います。


ーーーよかったですね、本当にね。


沖井:

よかったです(笑)


ーーー親戚みたいな感想だけど(笑)


清浦:

ありがたい(笑)


ーーーでも本当にいいことだったと思いますね。音楽的な活動というのは、沖井さんが言ったみたいに落胆せずに進んでいくと思うんですけど。その一方でせっかくファンクラブをやってもらっているので、こっちも何か新しいこととかやってもらえたらいいなぁと思っております。


沖井:

新譜を作りたいなと思っているので、そこを徐々に徐々に…僕たちが七転八倒している姿を。


ーーーアルバムですか?


沖井:

来年出そうと思っているので。なのでそういう模様を…この曲をボツにしましたみたいなの(笑)ボツばっかりアップロードするとか(笑)




■山がお好きな方にTWEEDEESを知っていただきたいと強く思っています。

ーーーちなみに直近3ヶ月のファンクラブのサイトページの…


沖井:

あっ今から怒られるんだこれ(笑)


ーーーそう今から説教タイム!嘘です(笑)アクセスランキングの1位って何だと思います?


清浦:

1位!?それはうちのってことですか?


ーーーそうです。TWEEDEES CLUBのファンの人がどのページに一番アクセスしているか。どのページだったと思いますか?いろんなコーナーがあるでしょう。直近3ヶ月だから、そこは意識して考えて。


清浦:

チャット始めた位ですよね。

沖井:

チャット始めて僕がしゃべりすぎた(笑)

清浦:

チャットじゃねえ!みたいな(笑)この語りチャットじゃないって。

沖井:

長文を投稿して(笑)


ーーーチャットじゃねえ(笑)


清浦:

ブログでやれみたいな(笑)会話じゃない(笑)それでいいのかみたいな、手探り状態。

沖井:

でも俺らしいとは思っているんです(笑)


ーーーそれはそうだね、多分…。


清浦:

まだまだ探り状態ですけど(笑)でもそうじゃない?それじゃない?

沖井:

あれでお客さん黙っちゃったんだよね(笑)


ーーーあれはランキング対象外なんですよ。残念。


清浦:

何やったっけ。あれですよね、沖井さんが、私がYouTubeを始めたその音源をちょこちょこアップしてくれている。


ーーー正解。


清浦:

やっぱり!


ーーーテーマ曲の回が一番です。二番目は「清浦:YouTubeのBGM追加」っていう(笑)タイトルの雑な。


沖井:

わかりやすいでしょ(笑)


ーーーわかりやすいけどね(笑)。直近3ヶ月のデータなので何とも言えないんだけど、ボツ曲ページはもうちょっと下のほうになっちゃいますね。ずっとこれまでのトータルで数を見たらもしかしたらボツ曲ページが上位に上がってくるかも。一応このデータのページいつでも見れるようになってるので、見て下さいね。


沖井:

勉強します!


ーーーやっぱり音源が一番。


清浦:

そうですよね、音楽を聴いて期待してくださっているからファンになってくださるわけですもんね。


ーーーでもこないだ俺もTwitterで絡んで知ったんだけど、清浦さんがそんなに山ガールだと思ってなかったです。


清浦:

私、音楽業界のイモトアヤコになりたいんで。




ーーー(笑)


清浦:

今週末も雪中キャンプに三泊四日、雑誌の企画で行ってきます。


ーーーすごい、ガチじゃないですか。


清浦:

ガチです。レギュラーで1年やらせていただくことになって。


ーーー「山と渓谷」とか?


清浦:

PEAKS(ピークス)っていう雑誌を出してる出版社の「フィールドライフ」っていうフリーマガジンなんですけど。趣味が仕事になりつつあるというか。YouTubeも始めてて。

沖井:

そこで山を登っている時のBGMをね。

清浦:

そこで循環ができていて。コロナの中でもできることをやってみたら、喜んでいただけているなら嬉しいですね。


ーーーファンイベントみたいなのとかも山でできたらいいですよね。


沖井:

みんな登ってきて(笑)


ーーーだから体力の無い人はどんどん脱落していく(笑)


沖井:

(笑)

清浦:

確かに、山小屋にCDを置くってちょっと考えたんですよ(笑)でも山の歩荷の方にちょっと失礼かなって。


ーーーボッカ?


清浦:

歩荷って、山小屋に物資を運ぶ方で。背中に荷物を20キロ位背負って水とか食料運ぶ方がいらっしゃるんですけど、ちょっとその人にCDを運ばせるのは忍びないなって思って…。


ーーー何百枚とか持って上がるわけじゃないんじゃ…


清浦:

そこで皆集まってやれたら嬉しいですけどね。山がお好きな方にTWEEDEESを知っていただきたいと強く思っています。


ーーーその線も大事ですね。


清浦:

音楽業界だけじゃなくて、知らない人に。


ーーー山とかキャンプとか今すごくブームじゃないですか。


清浦:

末永く登山もTWEEDEESも愛していただけるよう活動していきたいと思っております!


ーーー(笑)じゃあそこでぜひファンクラブの会員募集とかもできたらいいですけどね。山系の人たちに。


清浦:

山が好きな人がYouTube見てくれて、音楽やってるんですねとか言われたことがあったりとかしますよ。ちょっとずつでもそういうルートもあるのかと思っています。


ーーー大事かも。だってエミーリャにしても、やっぱりエミーリャしか知らなかった人もTWEEDEESっているんだっていう発見があっただろうし。


清浦:

お互いにとって良い、幸せになる形が作れたら嬉しいですよね。



インタビュー前編はこちら



TWEEDEES CLUB – Bitfan



■TWEEDEES/PROFILE

清浦夏実と沖井礼二によるポップ・グループ。2015年結成。

2015年3月18日、日本コロムビアより1st Album「The Sound Sounds.」 リリース。ミュージックマガジン誌レビューでは10点満点、2015年年間ベストアルバム歌謡・J-POP部門では8位にランクインと高評価を得る。11月3日 1st Single「Winter’s Day」TOWER RECORDよりアナログ盤7インチ、日本コロムビアより配信でリリース。

2016年7月20日、日本コロムビアよりセカンドアルバム「The Second Time Around」リリース。2017年4月よりNHK Eテレ「おじゃる丸」のエンディングテーマを担当しこの楽曲を収録したミニアルバム「à la mode」を同年6月21日リリース。

2018年10月3rd ALBUM「DELICIOUS.」リリース。高い音楽性とファッション性を持ちつつ等身大のフレンドリーなキャラクターで臨むステージングのライブにも定評がある。様々な面でポップス/ロックの「王道」を貫くTWEEDEESは世代を超えて時代の潮目となりつつある。


公式サイト:http://www.tweedees.tokyo/

公式Twitter:https://twitter.com/tweedees_tokyo


清浦夏実Twitter:https://twitter.com/kiyouranatsumi

沖井礼二Twitter:https://twitter.com/okiireiji


====Information================

【リリース情報】



コンセプトミニアルバム『国境のエミーリャ』

2021年12月10日配信リリース

1. 愛のテーマ~東トウキョウのテーマ
2. 二気筒の相棒
3. 十月革命駅のテーマ
4. ウラゾフ警部のテーマ
5. 美しい歌はいつも悲しい ver.2021
6. 境界線上に吹く風
7. 愛しい人はいつも遠い

第二次世界大戦の敗戦により分割統治された日本。冷戦下で東西に分断されてしまった1962年のトウキョウの物語。
小学館「ゲッサン」連載中の『国境のエミーリャ』(作・池田邦彦)を基にTWEEDEESが架空のサウンドトラックを制作。

また12月10日発売の『国境のエミーリャ』第5巻収録、第25話「美しい歌はいつも悲しい」にはTWEEDEESが本人役として登場。巻末にはTWEEDEESによるコメントも掲載されております。是非ご覧下さい。

『国境のエミーリャ』 公式サイト

====================================

ページを報告する

コピーしました

コピーしました