【Pick Up Owner #27 後編】UNIDOTS|「今」を軽やかに生きる二人が辿り着いたひとつの着地点

Be independent!

2022/12/02 15:00

Follow

UNIDOTSというユニットに抱く印象はおそらく「ミステリアス」「近寄りがたい」「玄人向け」…そんなところではないだろうか。実際、これまで楽曲やMVのリリースなどはかなり絞られており、その姿を確かめられるのはほとんどライブ会場のみ。「知る人ぞ知る」そんな表現がぴったりだったかもしれない。


それが一転、2022年の彼らはファンコミュニティの開設、自主企画ライブシリーズ「パパイヤ、マンゴー、ストロベリー」の開催、配信シングルの連続リリースなど非常に精力的に活動を展開している。

前後編合わせて一万三千字にも及ぶ超ロングインタビューで「今」のUNIDOTSに迫った。


(このインタビューは2022年10月14日に行われたものです)


前編はここから


UNIDOTS OFFICIAL SITE - Bitfan



自分たちが飛び込んでいったら、面白いことになる

ーーー ここからはBitfanで運営していただいている「ファンコミュニティ」についても伺わせてください。


金野:

ほとんどのミュージシャンは「ファンコミュニティ」について深く認識がないんじゃないかな。「ファンクラブ」と「ファンコミュニティ」もまた違うし。これはやっている側の性格にもよるから、何とも言えないところではあると思うんですけど…。


例えば僕はYAMAHAという会社が好きで。だからYAMAHAの楽器もすごく好きなんです。人生観だったり、さっきまで話していた場作りだったり、自分と同じような考えや理念を持っている企業の人たちが作るプロダクトをつい応援したくなっちゃう。こういう部分が面倒で粘着質なオタク気質なんですよね(笑)


そういう意味でBitfanというか、SKIYAKIは面白いことをやっているなと思いました。ここにいる人たちが考えていることは、多分自分の考えと近いなと。


Bitfanのサービスは知れば知るほど痒いところに手が届くというか。何が必要かっていうことに対して徹底的に考えてデザインされている。それで嬉しくなっちゃって、一緒にやりたくなりました。


ファンコミュニティとの付き合い方っていうのも改めて確認して、これは面白そうだなと。しかもそれを自分たちみたいなタイプのミュージシャンがやるって、意外とそれまでにない面白い前例になるんじゃないかなって。


ーーー 抵抗はありませんでしたか。


金野:

ファンコミュニティというのは正直、去年までの考え方ではグレーだったんだけど…チャンナイ(※)と会って話をしていく中でいろいろ腑に落ちた感があって。この引っかかりは「自分たちが飛び込んでいったら面白いことになる可能性」なのかもしれない、って思わせてくれた。


(※チャンナイ:SKIYAKIメンバー。「しゃべるUNIDOTS」にも実は登場しているとか…?)


瑞葵:

チャンナイはすごくできる男なんですよ!チャンナイと金野さんの波長の合い方がすごく面白くて。チャンナイと会っていなかったら今はなかったのかなって思うぐらい、考え方が似てる。


金野:

よく「右腕」とか例えられるじゃないですか。チャンナイの場合はもうそれを超えてて…同じ脳みそというか、ハードディスクを共有している感じ(笑)


音楽と経営って、実はすごく相性の悪い部分もあると思う。その経営の部分を周りの人が一生懸命責任をもって考えてくれる。だから自分はミュージシャンとして、クリエイティブな自我を保っていられる。


同じ脳みその中で経営の部分を提供してくれているから、こっちは音楽を作ったりライブをしたりする人間であることをキープできる。そんな気がします。




ーーー このインタビューでも、周囲に信頼できるスタッフがいることでアーティストとしての領域に集中できるという話は何度か伺ったことがあります。


瑞葵:

それ、チャンナイが最初に言ってくれたことです。「そこにリソースを割かれるんじゃなくて、とにかく二人にはクリエイティブな事を続けてほしい。そのためにSKIYAKIという会社はBitfanというシステムを提供している」と聞いていたので、そこはちゃんと筋が通っているなと感じます。


金野:

それがすごくしっくりきた。デザインがよくても動作が重すぎるWEBサイトは嫌い、みたいなタイプなので…さっきも言った通り、プロダクトの思想の部分に共感できるほうが好きになれるんです。


Bitfanの提唱する「便利さ」というのは、ミュージシャンに必要なものを徹底的に議論したうえで作り上げられているのが明らかにわかる。しっかりと対話を重ねた中で、時間をかけて試行錯誤を繰り返してきたんだろうなって。


でもミュージシャンって、もうちょっと芸術家っぽいっていうか。パッと見た時に「うわ、キレイ!」と思って好きになるピュアさを持っている人のほうが多いのかも。どこまでいっても純粋でいられることは強みでもありますよね。


うちらは仕事として音楽をやっているし、別のバンドも経験しているし、二人とも今もUNIDOTSとは別の音楽活動もしています。そういうルートを辿っている分、そういう「ミュージシャンとしてのピュアさ」と「仕事としての利便性」のバランスをちょうど50-50で、フラットに考えられる位置にいるんじゃないかなと。


だから、どちら側の人もBitfanに引き込んでいく素材として活用してもらえるならいいなと思っています。「この人たちがやっているから大丈夫だろう」みたいなね、そんな風に見えたらいいなって。





全員の理想像に応えることはできない

ーーー 実際にファンコミュニティを始めてみて、ファンの方からの反応はありましたか?


金野:

UNIDOTSを好んでライブに毎回来てくれるような人ってすごく奥ゆかしい人が多くて。ノリでガンガン動くっていうよりも、みんなうちらの空気をちゃんと理解して一緒にいてくれる人も多いし。


わかりやすく派手に盛り上がることはなくても、互いにどこかで理解しあっている感じがします。


今いるファンの方…うちらは「猛者」と呼んでいるんですけれども。ずっと追ってくれている猛者たちというのはすごい理解力をもって応援してくれている人たちなのかなと思います。


逆に言うと、すごくいい空気感で成立しちゃっているから…悪いことももっと経験していかなきゃいけないなって。迷惑かけられたいってわけでもないんだけど…ちょっとぐらいはややこしい事態を経験したい(笑)


ーーー 家に押しかけてきちゃうとか?


瑞葵:

それはマジでやめてほしい(笑) よく考えずにファンコミュニティの部分を切り取って出しちゃったり、くらいは起こる可能性がありますよね?そのぐらいの「もう!困ったなあ!」っていうのはいつか経験してみたいですよね、よくないですけど…(笑)


金野:

でもやっぱり、始めた時は反対意見も実はありました。結局構造は同じなんですよね、「あの頃の理想像」を追いかけてしまう人たちっていうのはいるわけですよ。大真面目に今から「CDを100万枚売るにはどうしたらいいか」を考えているんです。


それは作り手側の思考ですけど、お客さんも実はそういう「思い描いた理想のアーティスト」イメージ、こうあってほしいという理想を誰しもが持っていて。それを押し付けられるのも違うし、かといってこちらが声高に大否定するのも違う。「今はそういう時代ではない」と切り捨てることにメリットは何もないから。


そもそも全員の理想像に応えることはできないんです。




ラジオっていうより「ただ喋っているUNIDOTS」

ーーー ファンコミュニティではラジオ配信をされていますが、動画ではなくラジオという形にこだわりがあるのですか?


瑞葵:

これは金野さんがラジオの超リスナーなんです。超!リスナーなんですよ。


金野:

ラジオがすごく好きなんです。あと、わりと二人とも外から言われるイメージと実際に話している内容とか空気にギャップがあるんですよ。


実際の二人のムードを感じてもらいたくて。「ここの仲間にちょっと入ってみたいな」とか「今この二人が話しているところに自分がいたらこういう風に共感して、わかる!とか言えるのにな」とか思ってもらいたい。


チビチビとお酒を飲みながら変な話をしてるのを横で聞いて「隣の人たちなんか面白い話ししてるな」くらいの場所として、ラジオって最強じゃないですか?


瑞葵:

だから初回はあえて喫茶店の隅っこで録って、それをコンセプトとしたんです。隣に居合わせた二人が興味深い話をしているのをちょっと盗み聞きしている、みたいな。ザワザワしている中で聞いている風にしたかったんだけど…毎回喫茶店に録りにいくっていうのはちょっとキツかった(笑)


金野:

だからラジオっていうより「ただ喋っているUNIDOTS」なんだよね、あれ(笑)


ーーー そのラジオも半年で30本近く。ブログも瑞葵さん中心に書かれたり、グループチャットにもお二人とも参加していただいています。更新は負担にはなりませんか。


瑞葵:

そんなにやらないものなのかな?うちらは今ちょうどいいよね。


金野:

うん、今の感じがちょうどいい。ライブの本数も絞っているから、活動のわかりやすい定期報告みたいなことがなかなかしにくかったりもして。もうちょっとUNIDOTS本体の活動、リリースもあってツアーもやりますとか…そっちもより本格化していけたらさらにいいですよね。


あくまで音楽活動っていう中心に据えるものがありきでラジオコンテンツだったりブログを書いたりしているから。今はそういうことを続けているのは全然辛くない。いくらでも喋れるし(笑) 


だから全然負担にはなっていないけれど、中心にあるべき音楽活動のほうが…ここのところありがたいことにUNIDOTS以外で個々に動いていることがとても増えていて。外の活動で何があった、どこに行った、とかをわざわざUNIDOTSのファンコミュニティに入ってくれている人たちに向けてずっと話しているのもなんか違うとは思っています。だからUNIDOTSの音楽活動という中心をもっと活発にしつつ、今の更新バランスも保っていけたらなと。


瑞葵:

今までが種まきみたいな時期だったんですよね。この四か月はライブもあるしリリースもあるしで、むしろ追いつかないぐらいになっちゃってて。やっと収穫ができるのかなって思っています。だから今後はUNIDOTSとしての活動の報告というか、裏側を見せたりとか、色々と充実させられそうだなと。だから、ついて来てもらわないとね!




ーーー 今後、ファンコミュニティ会員の方に向けてやりたいことはありますか?


瑞葵:

ある!コロナ前に「メザニンラボ」っていうタイトルで完全に二人だけでの実験的なライブを数回やったことがあって。それを再開させたいんですよ。ファンコミュニティの猛者たちを集めてライブがしたい。


金野:

それが、どういう形…配信でやるのがいいのか場所を借りてやるのがいいのか、色々考え方もあるよね。わかりやすい恩返しじゃないけど「ここに入っているとこんなものが見れるんだ」みたいなものを一個やりたいっていうのはあります。例えば普通のライブの後に、ファンコミュニティの会員さんだけちょっと残ってもらってミニアコースティックライブをやるとか。


あとグッズとかも。ファンコミュニティ向けの限定グッズとして、受注生産で。そういう、ここにいることを特別に思ってもらえるようなわかりやすいことをいくつかやりたい気持ちはすごくある。


多分これも12月までの流れで、特にグッズは一つ二つ、そういうことができるんじゃないかなっていうのはまさに今考え始めていて。


ーーー それも今、リアルタイムで進行しているという感じですね!


金野:

本当に!この数日でもちょっと進んでいたりもするので。早いうちに何かできそうだなと思っています。


瑞葵:

思っています!


ーーー じゃあもう、この記事が出る頃には何か進んでいるかも…?


瑞葵:

確かに。お知らせぐらいはしているかも…?





ファンは猛者であり、理解者

ーーー UNIDOTSのお二人にとって、ファンとはどのような存在ですか?


瑞葵:

それはもう、「猛者」ですよ。ファンコミュニティに入っているいないに関わらず、どんなファンだったとしても猛者だと思うな。こんな時代にライブまで来てくれるファンは猛者です。


一つの何かを掘り下げるっていうことがやりにくい時代ですよね。素敵なものが溢れているから、表面をさらっていくだけで十分充実しちゃう。でもそれを超えて掘り下げてくるっていうのは、なかなかなものだと思いますよ。「ようやるな!」みたいな(笑)そういうものじゃない?掘り下げていくっていうのは、猛者の心がないとできないよ。


金野:

「猛者」っていうのが本当に的確に示せているんですよ。それを綺麗に言うと「理解者」とか。自分たちが今までやってきたことのわかりにくさったらないと思っていて!自分たち自身も悩みすぎて肉体的にも精神的にも追い詰められたりしていたし。


そんな中でもうちらが作る曲とかライブにシンパシーを感じてくれている人って、すごい。普通そうはいかないですよ。だからうちらの中では、猛者。ものすごいディープな理解者だと思っています。


よくそんなこと知っているなっていうこととか、驚かされることってたくさんあって。反応してくる部分があまりにもディープ(笑)自分が普通に会ってきた中で、さすがにそこまで見ている人ってあんまりいなかったなってぐらいの「超猛者」がいるんですよ。


瑞葵:

面白いよね、人に対してそんなこと思えないタイプじゃん?「理解してくれる」なんて、あんまり言わないでしょ?よくそこまで言わせるなって思ったよ。本当に猛者だ。


金野:

「あなたたちすごい人だよ」って言いたい。 「普段何してるの?ちゃんと社会的に認められてる?」って不安になっちゃうぐらいに(笑)


ーーー 最後に、UNIDOTSをまだ知らない方に向けてメッセージをお願いします!


金野:

UNIDOTSを好きになることは誇らしいことだと思ってもらえるよう、自慢したくなるような活動をしていきます。だから安心して好きになってほしいなと思います。怖くないんで(笑)


瑞葵:

それ!怖くないよアピールしたいんです!なかなか来にくいですよね?うちらのライブって。入っちゃえば全然…好きになっていいんだなって思えるライブだし、そういう場なんですけど。それをちゃんと知ってほしいです。


…怖くないよって言えば言うほど怖いかな?




UNIDOTS OFFICIAL SITE - Bitfan



■Profile/UNIDOTS

瑞葵(Vo./Lyrics/songwriter/design)

金野倫仁(songwriter/producer/Ba./Gt.)を中心に活動する音楽プロジェクト。


2016年結成。

CD音源等のリリースを一切行わない中、2017年・2018年にかけて渋谷eggmanでの全ての自主ライブをソールドアウトさせる。

2019年1st EP「複雑因子- complex factor -」、2020年2nd EP「鮮明 、あるいは 不鮮明 - clear/blur -」リリース。

2019年-2021年には4度に渡るワンマンツアーを行う。

また、2016年「ワールドオブファイナルファンタジー」の主題歌「イノセント²」、2017年「ワールドオブファイナルファンタジーメリメロ」の主題歌「イノセント³」に瑞葵が作詞、歌唱、金野がベーシストとして参加。

2018年にはスクウェアエニックスの漫画VRコンテンツ「結婚指輪物語VR」の主題歌に「Girl & Boy」を提供。

瑞葵はmizukiとしてSawanoHiroyuki[nZk]にVoとして参加、金野は初音ミク「マジカルミライ」・「MIKU EXPO」にベーシストとして参加するなど、個人としても多岐に渡った活動を行なっている。


Official Site:UNIDOTS OFFICIAL SITE | Bitfan

YouTube:UNIDOTS OFFICIAL

Spotify:UNIDOTS

UNIDOTS Twitter:@unidots_info

瑞葵 Twitter:@mizukizuiaoi

金野倫仁 Twitter:@kinpiraimokonpi

UNIDOTS Instagram:@unidots_info

瑞葵 Instagram:@mizukizuiaoi


ページを報告する

コピーしました

コピーしました