Users who sent the Heart

No user sent the Heart yet..

    【Pick Up Owner #24】BETRAYAL|このグループは宝物だから、辛くても絶対に続けたい ー 両極端な二人から生まれるハーモニー

    Be independent!

    2022/10/07 15:00

    Follow

    「BETRAYAL」(読み:ビトレイ)は、MASAとYASUによる二人組のボーカルユニット。二つの異なる声質から紡がれる美しい歌声のハーモニーは、ここだけにしかないオンリーワンの響きを奏でている。


    前身となるグループから数えるともう十年以上活動を共にしているという二人。「タイミングがバチっとはまった」という奇跡的な出会いや事務所からの独立、そして開始以来大好評だというファンクラブ会員限定イベントなどについても語ってもらった。




    BETRAYAL - Bitfan



    「ASAYAN」オーディションとの出会いで、歌に目覚めた

    ーーー まずは自己紹介をお願いします。


    MASA:

    「BETRAYAL」という二人組のボーカルユニットとして活動させていただいております。…プロフィール、あったよね?


    YASU:

    「多ジャンルの音楽を融合し、聴く人観る人をタイトル通りいい意味で”裏切る”ような新感覚構成で作られたグループ」です!


    MASA:

    僕はMASA。こっちがYASU。二人ともメインボーカルです。「聴きやすく安定軸でもある包み込むような心地よいYASUの歌声と、そこにスパイスとなる抜けたハイトーンボイスのMASAの歌声による二人組ユニット」です!


    YASU:

    自分で読むのはちょっと恥ずかしいですね(笑)


    左:Vo.MASA    右:Vo.YASU


    ーーー ありがとうございます!それではお二人が音楽活動を始めようと思ったきっかけからお伺いしようかと。


    YASU:

    昔、「ASAYAN(※)」というオーディション番組が深夜に放送されていましたよね。そこでふと「ボーカルオーディション」が目に入って、なんとなく気になっていたんです。CHEMISTRYの結成の瞬間とかもリアルタイムで見ていました。


    そこからEXILEのボーカルオーディションでTAKAHIROくんがデビューするとか、その姿を見て「そっち側に行きたい、行ってみたい」と思いました。


    それまでは「歌手」って別世界。夢の世界みたいなイメージでした。でも、オーディションを通して「一般の人でも歌でステージに立てる」んだと気付きました。歌って、かっこいいなって。音楽を身近に感じられたんですよね。


    そこからちょこちょこオーディションを受け始めたんです。やっぱり音楽をやるなら東京でしっかりやりたかったので、上京して歌手を目指すことにしました。その当時は新聞配達もしていましたよ。


    (※ASAYAN:テレビ東京で1995年から2002年まで放送されていたオーディションバラエティ番組。モーニング娘。や鈴木あみ、CHEMISTRYらを輩出し、オーディション参加者のなかにはEXILE ATSUSHIや倖田來未なども名を連ねるなど大ヒットした)


    ーーー 新聞配達をしながら歌手を目指す!?相当な苦労人ですね…。


    MASA:

    新聞奨学制度だよね。あの時住んでいた寮なんてもう、傾いてたよね?


    YASU:

    そう、虫とか…すごかった(笑)


    ーーー MASAさんはいかがですか?


    MASA:

    僕は田舎生まれで、触れる物が音楽しかなかったんです。ガレージ開けたら田んぼ、みたいな所だったから他にやることもなくて。父の影響で昔から楽器が家にあったんですよね。高校生の時にはバンドもやっていました。僕、ドラマーだったんですよ!


    近所の唯一のスナックに連れて行ってもらったらドラムが置いてあって。酔っぱらった父が「お前にエイトビート教えたる!」と…そこで初めて叩かせてもらったんですよね。


    そしたらめちゃめちゃかっこよくて!ドラムって場所としては目立たないじゃないですか?前に立っているボーカルとかギターがまず目立つ、その後ろですよね。なのになんでこんなかっこいいんだろう!と思って。


    当時の僕は照れ屋で、グイグイ前に立つよりもちょっと後ろに引っ込みがちだったんです。でもドラムを叩いた時に、純粋にその音に痺れました。一番後ろなのに、めちゃめちゃ目立つ大きな音が鳴らせる。それがとんでもなくかっこよく感じて、ドラムを独学で始めました。


    高校の三年間ずっとロックバンドでドラムを叩いていて、そこから大阪の音楽専門学校に入ることに。どの選考に行こうか考えているタイミングで、僕もASAYANに出会ったんです。


    ちょうどCHEMISTRYさんが結成される時のボーカルオーディションですよね。その時の歌にまた衝撃を受けて!声でメロディーを遊ぶというか…まだ日本人であんな歌い方をする人って当時そんなにいなかった。そこで歌に目覚めましたね。


    悩んだ挙句に専攻はボーカルに。どうせ音楽をやるなら、もっと前に立ってやろうと決めました。


    ーーー なるほど、そこからお二人が一緒に活動するようになった経緯は。


    MASA:

    東京で、あるライブイベントがありまして。その時はYASUも僕もまだ別のグループをやっていました。僕はその時二人組ユニットを組んでいたんですけど、ハーモニーを厚くするためにもう一人入れて三人組にしたいと考えていたタイミングで。


    そのイベントで、YASUのグループが解散発表をしたんですよ。イベントオーナーさんにも事前にそのことは聞いていたので、ステージを気にして見ていたら…YASUはグループのリーダー的立ち位置というか、引っ張ろうとしているのに周りがついてこれていないように感じました。これは燻っているなと。


    しかも、解散のタイミングで歌もやめるって言っていたんですよ!このグループやめたら地元に帰るって。もったいないじゃないですか?年齢も上京したタイミングも同じだったし、「もう一回、一緒に人生賭けて頑張ってみようよ」と声をかけました。


    ーーー タイミングがハマったと。


    MASA:

    そう!バチッとハマったんです!…楽屋のトイレで声かけたよな(笑)


    YASU:

    トイレで急に「一緒に歌おう!」って来たんですよ(笑)今みたいな熱い話をずっと聞かされて、一緒に宇多田ヒカルさんの「First Love」を延々とハモらされるっていう…


    MASA:

    もう言葉はいらないと。歌でね。


    ーーー トイレで…!?


    YASU:

    しかもそれ、一周だけじゃないんですよ?もう、何回も何回も。サビが終わったら次のAメロに行きたいじゃないですか。でもAメロに行かないで、ひたすらサビだけをリピートしてくる(笑)


    MASA:

    延々と歌って、そのうち「もうええわ!」てツッコまれました。初対面なのに(笑)でも僕としてはこれで掴んだ、いい印象を与えたなと。歌をやめて地元に帰る、その前に一回カラオケに行こうよと誘ってね。そこからもう僕は毎日のように通って歌を聴かせたりして。きっかけはそんな感じかな?





    二人で走り出しても大丈夫

    ーーー 2021年5月までは「WAVE」という三人組で活動されていましたが、「BETRAYAL」として生まれ変わった理由は。


    MASA:

    最初から「解散するためにグループをやる」なんてことはそうそうないじゃないですか。でも、やっぱりこのコロナ禍で色々あって…温度差ができてきたというか。今後の未来に対する考え方だとか、見ていたはずのものの方向性がちょっとずつズレていっていた。


    とはいえ、僕たちとしてはそこまでマイナスな思いを抱いての解散ではなかったんです。それでも応援してくださっているファンのみなさんを悲しませることは事実ですよね。


    解散したことはどうしようもない事実なんですけど、僕とYASUが二人でやってきたもの、発信できるものを使って、また一緒にやっていこう、ファンのみなさんにもう一度上を向いてもらおう、という気持ちでBETRAYALを始動させました。


    ーーー そのタイミングで新メンバーを募集することもできましたよね。お二人で続けようと思った理由は何でしょうか?


    MASA:

    それはそうなんですけど、僕はぜんぜん考えなかったです。二人でいけるなと思いました。なにしろ二人で十年ぐらい一緒にやっていましたしね。それまでもこの二人で進めてきていた企画や作品もありましたから。


    YASU:

    僕は正直、ちょっと考えました。


    MASA:

    でも、ゼロの状態の人を新しく入れると準備期間が必要ですよね。また一からコミュニケーションを取るのかとか、色々考えてしまって。


    「今の僕たちはすぐに動かないといけない」という気持ちがまずあったんです。どうしてもメンバーが減った分、パフォーマンスも落ちてしまうし、ネタもない。そんな状態でもとにかく止まってはいけない、進まないといけない、その思いのほうが大きかった。新しい人を入れて準備に時間を使うよりも、二人でとりあえずやってみようと。


    僕ら、見ての通り雰囲気が全く違うじゃないですか?声質も違うし。でもその両極端な感じが目立ってわかりやすいのは三人組よりも二人組。それまでの活動で、もう二人の空気感が固まっていましたしね。最初から二人で走り出しても大丈夫っていう自信があったんです。


    ーーー なるほど。そして「BETRAYAL」としての活動を開始後、2021年の秋に事務所を離れてフリーランスのアーティストとなられましたね。


    MASA:

    事務所のお世話になっていた時は自分たちではできないプロモーション活動など…本当にすごく助けられていたんです。


    フリーになったら、事務所で当たり前としてやってもらっていたことも全くできなかった。壁にぶつかったというか、困ったこともありました。けど、その分「今の等身大の自分たち」が見えてくる。背伸びしない、今の自分たちはここまでなんだ、っていうのをリアルに感じます。自分と向き合えるというか。


    それには悔しい思いももちろんあるし、なかなか前に進めないこともたくさんあるんです。でもフリーということは、自分たちで考えたことの結果が全てになるんですよね。


    自分たちで考えたことで失敗したら100%自分たちが悪い。それだけに成功もリアルに感じられるから、やりがいを今はすごく感じます。やっぱり事務所所属ならではの利点、フリーならではの欠点もありますが、そこさえも全部いいことだと思うようにしています。


    YASU:

    僕も、事務所に所属していた時はどこか甘えていた部分があったんです。フリーになってからは日々痛感していますね。でも、それに気付けてよかったなと。もっと積極的にやっていかないといけない部分も、そのまま事務所にいたら気付けなかった。何もできないまま終わっていたと思う。


    このタイミングでフリーになれたことは、自分のモチベーションを維持するためにも、自分のスキルを上げるためにも、大事なタイミングだったと感じています。


    ーーー 今後の活動形態に希望はありますか。


    MASA:

    組織に所属する意味がちゃんと明確にあって、プラスになるのであれば所属はしてもいいと思います。自分たちではできないこと、やりたいけど現実がついてこない、という時にサポートをしてくれるのなら。


    YASU:

    事務所に所属することで苦労している人のこともたくさん見てきているので…。同じ目線で一緒に立ち向かってくれる、近い関係でやれる、そんな方が一緒にいれば事務所に入ってもいいのかなとは思いますが。


    ーーー ではもう絶対に事務所に入らなくては!フリーじゃないと!というより、形態は問わずにとにかく「BETRAYAL」の活動に対してプラスになるようであれば、という感じですね。


    MASA:

    そうですね。今まで自分たちで動いてきたからこそなんですけど、嘘はつきたくないじゃないですか。それが何よりフリーの良さでもある。その軸はぶれたくないですね。



    自分たちで作ったグループは宝物

    ーーー これまでの活動で、これは一番の試練だと思ったことは。


    YASU:

    試練!たくさんありますね…


    MASA:

    今?もうやめたい?(笑)


    YASU:

    今は頑張りたいと思っているから!(笑)

    グループを解散して地元に帰ろうとしていた時も、WAVEを解散してBETRAYALを始めようとする時も、僕はMASAから何度も助けられていて。


    その時は自分の中で試練というか…難しかった時期だな、と思います。気持ちの整理が大変で。MASAからの「一緒にやろうぜ」の一言がなかったら、僕自身は解散のタイミングでやめてしまっていたと思います。でも、MASAの一言をきっかけに今もこうして活動ができているんです。


    ーーー MASAさんはありますか?


    MASA:

    もう、やめるほうが難しいっていう時期に入ってきている気はしますけど(笑)それは今の気持ちであって、過去はめちゃめちゃありますよ!特に事務所に所属していた頃とか、結構僕…喧嘩しちゃってたんですよ。


    YASU:

    喧嘩っていうか、MASAは意見をズバッと言えるタイプなんですよ。僕はそういうのがなかなか言えないんですけど、率先して言ってくれるから。


    MASA:

    言ったはずのことが伝わっていない!とか、すぐに指摘しちゃっては気まずくなったりして。当時はYASUと一緒に住んでいたので「俺、もう明日は行かんから!」って。なかなかうまく行かなくて、人間不信になりかけた時もあったんです。


    それこそ事務所に入る時も。YASUって、入口になることが多いんです。よく人を連れてきてくれるんですけど…こいつ、結構すごい人を連れてくるんですよ。


    当時、事務所にこだわっていたのはYASUなんです。「いい事務所があるから一回話してみよう」って言うからついて行ったら…全身に刺青が入っている、わかりやすい「怖い人」が出てきて。


    ーーー そういう意味で「すごい人」…。


    MASA:

    本当に、そういう人ばっかり連れてくるんですよ!(笑)もう、見た瞬間危ないのがわかるじゃないですか。「一言先に相談してよ…」って落ち込んで、前に進めなくなったり。僕の悪いところでもあるんですけど、すぐに感情的になっちゃう。


    事務所の大人の人が作ったグループじゃないので、グループ愛が強いんですよ。自分たちで作ったグループは宝物。守りたいじゃないですか?そこに別の大人が入ってきて、僕たちのベクトルが崩されていくのが気に食わなくて。


    守るためにはやっぱり誰かがちゃんと言わなくちゃいけないと思う。僕の言い方の問題もあったんですが、揉めることもあって…うまくいかないなって。だからさっきも言った通り、事務所の方への感謝はもちろんあるんですけど、自分たちの考えでやっていきたいと思ってしまったんですよね。


    ーーー 紆余曲折ありつつも続けてこられたのは、やはりこのグループをお二人で続けたいというグループ愛があるからこそなのですね。


    MASA:

    そうですね。このグループだけは絶対に続けたいという気持ちはお互いにありました。今ももちろんありますし、この先が辛くても続けたい。 


    ーーー BETRAYALとしての活動も2年目に入られていますが、この先活動していくにあたって目標はありますか?例えば「武道館に立ちたい」とか。


    MASA:

    武道館か!いいですね。


    YASU:

    アーティストとして武道館に立ちたいというのはもちろんありますね。まだまだ夢の夢って思われてしまうかもしれないですけど、やっぱり大きなステージに立ちたいです。今のステージよりももっと規模の大きい会場で、大勢の前でライブをやるというのは目標です。


    今はそれに向けて、最近あまりやってこなかった路上ライブを再開したり、新規の方には無料でライブ招待する企画をやったりしています。これからの2年目はもっとたくさんの人にBETRAYALを聴いてもらえるよう、活動をどんどん増やしていきたいなと思っています!


    MASA:

    武道館とかドームというのはやっぱりアーティストにとっての夢ですけど、それは今も昔も変わらず。そこは通過したいですね。


    ーーー 通過点なんですね、「到達」ではなく。


    MASA:

    通過点ですね!世界に行きたいです。そこまで到達できたらやばいな。気持ちだけはあります!


    ーーー 期待しています!





    ここが僕たちのホーム

    ーーー それではここからはBitfanについてもお伺いさせていただければと。


    MASA:

    すごく助かっているんですよ!本当にいろんなことができますよね。


    僕たちは今、マネージャーさんと3人で動いていて。Bitfanの更新や細かい設定はマネージャーさんがやってくれているんですが、僕たちがこうしたいと思ったことが自分たちでちゃんと実現できるんです。めちゃめちゃ活用させてもらっています。


    ーーー ありがとうございます!2022年の2月に開設していただいたということで、半年と少し過ぎたくらいでしょうか。開設しようと思った理由は。


    MASA:

    自分たちのホームページが欲しくて!それこそ前の…WAVEだったらあったんですけど。事務所で管理してもらっていたものだったから、僕たち自身はあまり中身を把握していなくて。ちょっと距離があったんですよね。


    なので自分たちが更新する内容も含め、管理したいなと思っていました。BETRAYALになってからはSNSこそあってもホームページはなかったので、色々とサービスを探していた時にBitfanを見つけて。


    ファンのみなさんがここにコミュニティとして入ることもできるし、ここが僕たちのホームになりました。何より手軽で使いやすいと感じたので、使わせてもらっています。


    ーーー 他のサービスもいくつか比較されたのでしょうか。


    MASA:

    色々しましたね。でも結局ここがいいなって戻ってきましたね。Bitfanは結構有名な方、大御所の方も使われていたので信用もありましたし、月の会費も自分たちで決められるじゃないですか。自分たちに合わせてカスタムできるところも大きかった。


    配信もあるしポイント機能もある。グッズ販売もできますよね。結局、全部バラバラにやるよりは一か所にまとめたほうが今の規模ならばやりやすいし、できるなと思ったんです。


    ーーー ファンクラブを開設して、ファンの方から反応はありましたか。


    MASA:

    反応はやっぱりありますね!反応してくれる場ができた、というか。ツイートするとポイントが貯まるから、ハッシュタグを使ってのツイートも積極的にしてくれるし。スケジュールとかも使わせてもらってますしね。


    そういうのも全部ここにまとめることによって、みんな…ファンクラブ会員の方も、会員ではない方もこのホームページに集まってきてくれるので助かっています。


    ーーー ポイントと言えばリターンをサインだったり、リアルイベントでの特典だったりといろいろと設定されています。あれもお二人で考えられているのですか?


    MASA:

    そうです。リアルイベントへの来場に繋げたりとか、逆に貯めるためにライブに通ってもらえるようにとか、試行錯誤しています。もちろん会員の方にはお金を払っていただいているので、そこをちょっとでも返せたらいいなという気持ちでやっています。


    ーーー Bitfanの直接の機能ではないですが、よくファンクラブイベントをされていますよね。


    MASA:

    最近ではありがたいことに、月一回とかでできるようにもなりまして。僕たちの一番の武器というか、メインは「音楽」なので、いつもそれとは別にやっています。音楽イベントとしては定期で月に一度単独イベントをしていまして、そこは歌って踊って、 DJ さんも呼んだりして、ライブ!って雰囲気です。


    ファンクラブイベントは価値をあげるために、そことはちょっと違う感じにしています。ディナーショーでアコースティック一本で歌うとか、いつもとは衣装を変えてとか、少し趣向を変えてね。結構大盛況なんですよ!


    ーーー そのイベントの内容ももちろんお二人が。


    YASU:

    そうですね。


    MASA:

    基本は二人で考えています。とにかくお客さんが喜んでくれたらいいなと。企画はもうなんでも全部自分たちで考えています。むしろその方がやりやすいですしね。


    ーーー 今後のイベントの構想はありますか。


    MASA:

    何やろう?


    YASU:

    うーん…悩むね。


    MASA:

    ちなみに一回目はスポッチャに行きました。企画考えたのはこいつですよ(笑)スポッチャにみんなで行って、最後はカラオケで締める、みたいな。そういう遊び系のファンミーティングも結構人気なんですよね。


    二回目はディナーショー、三回目はバーベキューで、四回目は撮影会。だから次はアスレチックに行こうかと思ってます!季節的にもやっと涼しくなるじゃないですか。そこでみんなで体を動かしたいですよね。


    ファンクラブ会員限定でこういうイベントをするなら楽しみながら定期的にやっていけますし、みんなやればいいのになって思います(笑)


    ーーー ちなみに「WAVE」ではファンのみなさんのことを「波っ子」さんと呼ばれていました。「BETRAYAL」となってから、呼び名はあるのでしょうか。


    YASU:

    まだ決まっていないんです!


    MASA:

    難しいんですよね…。


    YASU:

    …「びとっこ」?


    MASA:

    「とびっこ」みたいやな(笑)決めたかったんですよね。ファンクラブの名前とかもちゃんと決めたかったんですけど、決める前にとにかく始めちゃったので。いずれどっちも決めたいです。


    ーーー 配信やグループチャットなどでファンの方々と一緒に決めるのも面白そうですね。


    MASA:

    なるほど!めちゃめちゃいいですね、それ。でも僕たちのファンの方々、なかなかコメントを全然してくれないんですよ!


    ーーー ちょっと恥ずかしがり屋さんが多いと(笑)


    MASA:

    ずっと潜ってるタイプが多いんですよ。バレてるのに!(笑)

    コメントしてもらいたいと思ってるんですけど、一方通行になっちゃうことも多くて。でもそうやってみんなで決めるのも面白いかもしれない!「WAVE=波っ子」って簡単だったんですけど、「BETRAYAL」難しいですね…。


    ーーー 「びとっこ」では「裏切りっこ」になっちゃいますからね…。


    YASU:

    裏切りっこはやばいですね(笑)


    MASA:

    会員が0人になっちゃうよ!入りたくなくなる!



    とにかくみんなを喜ばせたい

    ーーー 今後の活動について宣伝したいことなどあればぜひ!


    MASA:

    10月は…YASUくんの誕生日です!以上!


    YASU:

    ちゃんとライブがあります!(笑)

    毎年行っている生誕ライブを10月8日にやらさせていただきます。場所はいつもお世話になっている、赤坂のnavey floorというところです。


    ーーー ありがとうございます。それではいよいよ最後の質問です。お二人にとって、ファンとはどのような存在ですか?


    MASA:

    「ファミリー」であることはまず間違いないですね。もう本当の家族よりも会っていますし(笑) 


    YASU:

    とにかくみんなを喜ばせたいですよね。僕たちが大きいステージに立っている姿を見せたら喜んでくれるだろうな、と思えること自体が頑張れるモチベーションにもなっています。


    MASA:

    そこは僕は両方あるなと思いますね。僕としてはファンのみんなは「天使」でもあるなと。


    僕たちがみんなを元気にさせないといけないじゃないですか。みんな元気で満ち足りていたら、僕らなんていらないですから。とはいえ、元気をあげるべき側である僕たちも人間。こちらがへこんでいる時には、イベントに参加してくれたり、顔を見せてくれたり、ファンのみんなの反応だけで僕たちもまた頑張れます。同じ人間同士、その時によって役割分担が違うだけなんですよね。


    僕たちがファンを選ぶことはできません。でも、逆はいくらでも選べますよね。その中でずっとついてきてくれて、応援してくれているのって本当に綺麗事ではなく、奇跡です。だからその奇跡を起こしてくれている、当たり前じゃないことを当たり前にしてくれている天使なんです。


    迷いが生じている時、目標を見失いそうになった時にも、ファンのみんなの顔を見て存在を確認することで、もう一度ちゃんとしっかりと取り戻せる、そういう存在でもあるし。どっちが上とか下とかじゃなく、お互いリスペクトし合える、そういう関係性でずっといられたらいいなと思っています。


    ーーー 最後にファンのみなさんへ、メッセージをお願いします!


    MASA:

    今回インタビューを受けさせてもらえたこと、これも当たり前じゃないと思っています。みんながBitfanを活用してくれてるからお話をいただけたのであって、決して僕たちだけの力ではありません。


    これは僕たちにとっても未来に繋がっていく、もっとみんなと一緒に楽しめる時間が増やせる、ということでもあるので、これからもたくさんBitfanを活用していきます。その中でみんなが少しでも、人生の中で一日でも多く楽しい時間を作っていけるように努力していくので、みなさんこれからも楽しみにしていてください。そしてたくさんの応援をよろしくお願いします!


    YASU:

    みんなには僕らを希望だと思ってもらいたいんです。その思いを背負う責任をずっと感じていますし、だからこそ、もっともっとみんなと、今やっている以上の楽しいことを生み出していけるよう、これからもこのチームで頑張っていきたいと思います!



    BETRAYAL - Bitfan



    ■Profile/BETRAYAL


    『BETRAYAL 』(ビトレイ) 

    多ジャンルの音楽を融合し

    聴く人観る人をタイトル通りいい意味で"裏切る"ような新感覚構成で作られたグループ

    『BETRAYAL』ビトレイ


    聴きやすく安定軸でもある包み込むような心地よいYASUの歌声と、そこにスパイスとなる抜けたハイトーンボイスのMASAの歌声による二人組ユニット。


    Twitter:@BETRAYAL1002222

    Instagram:@betrayal1002222

    YouTube:ビトチャン


    ===Live Information===

    『 BETRAYAL SOLO CONCERT 〜YASU Birthday special🎉〜』

    @赤坂navey floor

    日程

    2022年10月8日(土)

    ▼チケット

    ADV ¥4,000+1D

    DOOR ¥4,500+1D

    配信 ¥2,000

    ▼発売

    【一般チケット】

    2022年9月2日(金)12時〜10月7日(金)18時迄

    https://betrayal-fanclub.bitfan.id/events/2393

    【配信チケット】

    https://twitcasting.tv/c:bluemy0108/shopcart/178412


    ページを報告する

    コピーしました

    コピーしました